信頼こそ挑戦の原点 株式会社アマヤ

NEWS新着情報

東リ ビニル床シート「フロアリューム」シリーズをノーワックス化

 東リ(株)は、1977年の発売以来、40年以上にわたり多くの建築で採用されているビニル床シート「フロアリューム」シリーズを全点NW(ノーワックス)化し、「フロアリューム プレーンNW」「フロアリューム マーブルNW」として5月22日(火)に新発売する。

 今回のノーワックス化によって、日常清掃で美観を維持できるため、床のメンテナンスコストを大幅に削減できることになる。またカラーパレットにおいても業界最多のマーブル柄33アイテムをはじめとする全50アイテムをラインナップ、さらに抗菌性などさまざまな機能を追加し、性能、意匠とも充実させた。継ぎ目が目立たない同社独自の継目接着工法「ジョイントシールド工法」にも対応する。

東リのホームページ
https://www.toli.co.jp/

リリカラ 壁紙見本帳「Lilycolor MATERIALS 2018-2022」発行

リリカラ(株)は、「素材にこだわり、美しさと上質を求めて」をコンセプトにした壁紙見本帳「Lilycolor MATERIALS 2018-2022」を、3月29日(木)に発行、収録商品の販売を開始した。

 「Lilycolor MATERIALS」では、織物、和紙、金銀箔といった日本伝統の技術を伝える商品や、独自の製法でつくられたオリジナリティの高い商品など、全国の産地と共に、素材と製法にこだわり抜いてつくり上げた壁紙を収録する。自然素材ならではの温もりや高級感がワンランク上のインテリア空間を実現する。このほか、近年人気のアクセントや張り分けの演出に便利な「リリカラ・ジョイナー」を新たに収録した。
 収録点数は壁紙276点。

リリカラのホームページ
https://www.lilycolor.co.jp/

サンゲツ 新見本帳「HAMPSHIRE GARDENS -EDA-」発売

(株)サンゲツは、上質なデザインを発信する新ブランド「EDA」(イーディーエー)を発足、その第1弾として同社としてはじめて、ファブリックと壁紙を統一したテーマで商品開発に取り組んだ見本帳「HAMPSHIRE GARDENS(ハンプシャーガーデンズ)-EDA-」を3月8日(木)に発刊した。

 新ブランド「EDA」(English Design Agency)は、Walker Greenbank社のデザインアーカイブを元に誕生したサンゲツのオリジナルブランドである。
 第1弾のコレクションとして発売した「HAMPSHIRE GARDENS」は、ファブリックと壁紙のコーディネーションを前提に、異なる2つのエレメントを同じテーマで商品開発したコレクション。それぞれのデザインアーカイブを共有することで、空間の調和を楽しめるようなトータルインテリアを提案する。
 デザインは、そのコレクション名の通り、イギリス南部にあるHAMPSHIRE(ハンプシャー)州の緑豊かな風景をイメージしたもので、日本のインテリアに合わせやすいデザイン・カラーで展開する。防炎性能基準の条件を満たしたファブリックや、不燃認定を取得できる壁紙も収録、住宅をはじめホテルやコントラクト施設にも対応する。
 アイテム数はファブリック20柄73点、壁紙15柄68点。

サンゲツのホームページ
https://www.sangetsu.co.jp/

田島ルーフィング デニム生地を組み合わせた床材「デニムフロア」発売

田島ルーフィング(株)は、デニム生地と置敷きビニル床タイルを組み合わせた「デニムフロア」を、このほど新発売した。

 「デニムフロア」は、創業以来120余年の歴史を誇る世界有数のデニムサプライヤー、カイハラ(株)の協力のもとに開発した、経年や歩行による色の変化を楽しめる新しいコンセプトの床材。表層はインディゴ染料で染められたデニム生地で、ジーンズをはきこなすように表面の色が徐々に変化していくことを楽しみ、建材の宿命であった「古びる」という概念から床を自由にし、新しい価値を創造する、これまでにないビニル床タイルとなっている。

田島ルーフィングのホームページ
https://www.tajima.jp/

ヤヨイ化学販売 ジョイントコーク新色「ミラクルアイボリー」他新発売

ヤヨイ化学販売(株)は、このほどジョイントコークの新色「ミラクルアイボリー」と、床材の重ね貼りができるパウダー形床用接着剤「プラゾールDCパウダー」の2品種を、1月26日に新発売した。

 ジョイントコークの新色「ミラクルアイボリー」は、既存のホワイトとライトアイボリーの中間色で、各壁紙メーカーの売れ筋の壁紙(長期継続品)にマッチする色あいとなっている。内コーク向けのジョイントコークAと、ツヤ消しノンブリードのジョイントコークMの2タイプでの展開となる。

 一方の「プラゾールDCパウダー」は、必要な分だけ練って使える水性系のパウダー形床用接着剤。従来は溶剤系接着剤でしか施工ができなかった床材の重ね貼りが、水性系接着剤でできるため、臭いも少なく、リフォーム施工等に最適な商品となっている。パウダー形のため保存も簡単で、必要分だけを練って使えるため、ゴミの廃棄も少なくできる。

ヤヨイ化学のホームページ
https://www.yayoikagaku.co.jp/

ニチベイ 安心・安全な間仕切り「シャレードエスタ」1/25新発売

 (株)ニチベイは、住宅・マンション・店舗・オフィスなどに使用できる、バリアフリー仕様の安心・安全な間仕切り「シャレードエスタ」を、1月25日(木)に新発売する。

 「シャレードエスタ」は、上吊り方式で床レールがないバリアフリー仕様の間仕切りで、上吊りのレール部分に新設計の2段ランナーを採用することでパネルの揺れを抑え、常時垂直が保て、直線部、分岐部においてもよりスムーズな動作が可能となっている。

 中間枠のないスッキリとしたデザインの「ツインパネル」と、3段仕様で異なるパネルを自由に組み合わせできる「シングルパネル」の2種をラインアップする。パネルのバリエーションは、アクリル板の他、MDF、ブラインド内蔵、ホワイトボード、ミラーなど多彩に展開する。パネルの選び方で、例えばミラーでは、アパレルショップの立ち鏡や練習用移動鏡、またホワイトボードでは会議など、間仕切りとしての機能以外にも多用途に使用することもできる。

 なお商品名の「エスタ」は、パネル揺れのない安定した操作性を実現したことから、スペイン語で「安定した」を意味する「estable」を略してつけられたもの。

ニチベイのホームページ
https://www.nichi-bei.co.jp/

サンゲツ 新作壁装材見本帳「2018-2020 エクセレクト」1/25新発売

(株)サンゲツは、和紙や織物といった日本の伝統工芸を取り入れた壁装材や、意匠性の高いグローバルブランドなどを収録したプレミアムな新作壁装材見本帳「2018-2020 エクセレクト」を、1月25日(木)に発刊する。

 「2018-2020エクセレクト」のカテゴリは、「SHITSURAHI」(室礼)、「BRAND SELECTION」(ブランド セレクション)、「INSPIRED MATERIALS」(インスパイアード マテリアル)、「SPECIFIC SOLUTIONS」(特殊商品)の大きく4つ。
 「SHITSURAHI」では、箔や和紙、珪藻土など日本の伝統技術から生まれた和素材アイテムを素材ごとに分類し、7つのカテゴリで紹介。また天然木を最新技術で薄くスライスし、不燃認定壁紙に加工した新商品「WILL WOOD (R)」を収録する。「サンゲツ壁紙デザインアワード 2017」大賞受賞作品も収録されている。
 また「BRAND SELECTION」は世界的に評価の高い「ARMANI/CASA」や「ELITIS」など国内外の10ブランドを展開、F☆☆☆☆、準不燃認定にも対応する。この他、「INSPIRED MATERIALS」では、ホテルやアミューズメント施設に向けてファーやメタリック、スパンコールなど個性的な壁紙を収録、「SPECIFIC SOLUTIONS」では「美術館・博物館仕様織物壁紙」、デジタルプリント「HIGH GRAFICA」など付加価値の高いアイテムを取り揃えている。
 収録点数は294柄602点(受注生産品含む)。全点F☆☆☆☆取得。

サンゲツのホームページ
https://www.sangetsu.co.jp/

トキワ産業 住宅用壁紙集「パインブルS 2018-2020」1/11新発売

 トキワ産業(株)は、住宅用壁紙集「パインブルS 2018-2020」を、1月11日(木)に新発売する。

 新「パインブル」では、厚くて貼りやすい施工性の良い商品を中心に65点を収録、インテリアシーンの幅が広がるコーディネート性の高い配色展開となっている。また新しいパターン柄として、家族の団らんや結びつきを意味する花柄や大柄でモダンな北欧テイストなどを追加した。
 厚みタイプ26点、表面丈夫タイプ20点、スーパーロングライフ品12点。全点防かび、全点F☆☆☆☆、全点SV・JIS 規格適合品。

 なお見本帳表紙については、パインブルキャラクターのPちゃん(インテリアとファッションが大好きな壁紙星人)をモチーフに、アットホームで親しみやすいイメージに仕上げている。

トキワ産業のホームページ
https://www.tokiwa.net/

東リ プリントタイル「ロイヤルストーン・モア ルミナス」新柄を発売

東リ(株)は、意匠性の高いプリントタイルシリーズ「ロイヤルストーン・モア ルミナス」に、新アイテムとして4柄8アイテムを12月18日(月)に新発売する。

 「ロイヤルストーン・モア ルミナス」は、特に柄表現手法にこだわったプリントタイルシリーズで、3mmの厚みの中で変化に富んだ輝きや柄の奥行きを表現した技術と意匠性が評価され、2017年度グッドデザイン賞を受賞している。
 今回発売される新柄では、既存柄と組み合わせしやすい色構成としたベース柄のキセキや、要望の多かったサクラのピンクなど、さらに意匠性の高いデザインをラインナップした。この新柄を加えた総アイテム数は6柄14アイテム。

東リのホームページ
https://www.toli.co.jp/

トーソー 「ウインドウスタイリング・スキルアップ講座」東京で開催

 トーソー(株)は、窓装飾プランナーのスキルアップ支援を目的とした「ウインドウスタイリング・スキルアップ講座2017」(後援:(一社)日本インテリアファブリックス協会)を、11月8日(水)、トーソー本社にて開催、窓装飾プランナーをはじめとする計31名が参加した。

 同講座は、インテリアスタイリングプロのメンバーを講師に迎えてのワークショップとセミナーによる3部構成で行われた。第1部は「ファブリックスの基礎知識を学ぶ」と題し、繊維や糸、組織、ファブリックスの特徴など専門知識を学んだ後、実際の生地を台紙に貼り付けオリジナルの「ファブリックスバイブル」を作成するワークショップを行った。続く第2部ではクラシックやバロック、ロココといったインテリアの歴史と様式を体系的に解説、第3部では最前線で活躍する越川洋平氏(オーブインターナショナル(株))が講師となり、コーディネートのポイントや特殊窓の対応方法、さらにはプレゼンテーションの手法といったより実践的なテクニックを紹介した。
 終了後は交流会も行われた。

 なお同講座は、このあと大阪会場(11月22日)、札幌会場(11月29日)でも行われる予定。定員は各30名。受講料は4000円。

■「ウインドウスタイリング・スキルアップ講座」概要
日程・会場:
大阪 11月22日(水) 会場:あべのハルカス25 階 C 会議室
札幌 11月29日(水) 会場:札幌コンベンションセンター207号室
開催時間:13:00~17:00(各会場共通/休憩時間含む)
交流会 17:00~18:00(自由参加/参加費無料)
定員:各会場30名
受講料:4000円*オリジナルテキスト「ファブリックスバイブル」含む
講師:
第1、2部:佐藤里夏氏(有限会社テキスタイルシン)
第3部:東京=越川洋平氏(オーブインターナショナル)、大阪=渡邉明美氏(マノワ)、札幌=鈴木恵美子氏(めいくまん)

トーソーのホームページ
https://www.toso.co.jp/

4 / 19« 先頭...23456...10...最後 »

top