就職活動中の
みなさまへ

総合インテリア商社として弊社が成長を続けるには、高いサービス力が必要不可欠です。サービスとは形のないもの。だからこそ、弊社の人材には自分の頭で考え、判断し、行動できることが求められます。成功も失敗もあらゆる経験を糧にし、自分の成長へとつなげられることも大切な要素です。

創業約50 年。堅実に成長し続ける総合インテリア商社。 社員一人ひとりの可能性が、当社の未来を担います。

株式会社アマヤの入社案内をご覧いただき、ありがとうございます。 当社は、関西を拠点とする創業約50 年の総合インテリア商社です。
近年では関東にも進出し、業界トップクラスのシェアを築いております。 当社の強みは、社員たちの「活気の良さ」です。
毎年、20代のフレッシュな人材を積極的に採用。
各事業所に若手層を中心としたチームを配置し、組織化しています。
活力に満ちた若手層の活躍が、会社を支える大きな力となっています。 当社では、結果や成果に対しては公平に評価する実力主義をとっており、
30歳で営業所長に昇進した社員、営業から経理へとキャリアチェンジした社員もいます。
また、結婚や出産など、ライフステージに左右されずに仕事を続ける社員もいます。
社員全員が自分の可能性にチャレンジできる環境を用意することが、当社の使命でもあります。
仕事とは、やりがいを感じながら、充実感を得るもの。
そうでないと、周りや自分自身にとっても時間の無駄使いになってしまいます。 自分の可能性にかけてみたいと思う方は、当社が全力でサポートします。
共にひとつのチームとなり、アマヤの「これから」を作っていきませんか。

代表取締役社長 木村 敬一

アマヤ
仕事を知る

アマヤの仕事について、アマヤの社風、営業職や業務スタッフの業務内容ややりがいについて、ベテランと新人スタッフ2名が語っています。アマヤの営業職について、より深く理解していただけると思います。

アマヤの営業職

この動画は、アマヤ営業職の魅力やアマヤの社風、営業職の業務内容ややりがいについて、ベテランと新人スタッフ2名が語っています。アマヤの営業職について、より深く理解していただけると思います。

アマヤの業務スタッフ

この動画は、アマヤ業務スタッフの魅力やアマヤの社風、業務スタッフの業務内容ややりがいについて、ベテランと新人スタッフ2名が語っています。アマヤの業務スタッフについて、より深く理解していただけると思います。

先輩からの
メッセージ

20代の若手社員がたくさん活躍するアマヤ。 責任ある仕事にやりがいをもって邁進する3名の先輩社員をご紹介します。 現在の仕事内容、会社の雰囲気、アマヤで長く働き続ける理由など、 赤裸々に話してもらいました。

  •  

    入社7年目 営業スタッフ
    重野 将史

  •  

    入社11年目 業務スタッフ
    松山 貴美栄


  • 入社10年目 業務スタッフ
    西塚 大輔

先輩からの
メッセージ

重野 将史

入社7年目 営業スタッフ
重野 将史

2015年入社。尼崎営業所勤務。営業職に就きたいと就職活動していたときにアマヤの採用情報を見つける。希望していた条件面が合致し、会社の雰囲気も良さそうだと思い入社を決める。

<今の仕事内容は?>
営業職として日々現場を回り、職人さんたちとコミュニケーションを図りながら発注をもらえるよう励んでいます。入社7年目になり、先輩も後輩もいる真ん中のポジションということで、ますます頑張っていきたいです。
<仕事をする上で心がけていることは?>
清潔感。営業職なので第一印象は大事。お客様の前に立って恥ずかしくないように常に気を配っています。あとは、お客様のタイプに合わせて接し方を変えること。お客様の立場になって物事を考えるようになりました。
<会社の雰囲気は?>
気さくな方が多い会社なので、何かあればすぐに相談できますし、親身になって聞いてくれます。わからないことがあっても周りに聞けば優しく教えてくれる。自分にとっては仕事がしやすい環境だと思っています。
<アマヤで長く働き続けている理由は?>
頼りになる先輩の背中を見ているので、いつか後輩が増えたら先輩と同じように相談してもらえる存在になりたい。もっとステップアップできるよう、たくさんチャレンジさせてくれる社内風土が魅力だと思っています。
<これからの目標について>
営業としての経験をもっと積みたい。いかにお客様に有益な情報を提供できるのかがポイントになるので、もっと知識を深めていきたいです。お客様の要望に瞬時に応えられるよう成長できればと思っています。

先輩からの
メッセージ

松山 貴美栄

入社11年目 業務スタッフ
松山 貴美栄

2011年入社。尼崎営業所勤務。以前からインテリア業界の仕事に興味があり、結婚や出産に関係なく長く仕事を続けられるアマヤの環境が入社の決めてとなる。

<今の仕事内容は?>
主にお客様からの問い合せやメーカーへの発注、確認などの電話対応を行い、外回りなどで忙しい営業スタッフがスムーズに業務出来る様にサポートを行っています。
<仕事をする上で心がけていることは?>
お客様との電話でのやりとりでは、少しでも気持ち良く思って頂ける様に明るい対応を心がけています。それとお客様が何を希望されているのかをいち早く察せる、聞く力が大切だと思っています。
<会社の雰囲気は?>
人間関係がとても良いです。営業スタッフともフランクに話せますし、女性の年齢層も幅広く、女性同士で色んな年代の方々からお話を聞けることはとても貴重で勉強になります。
<アマヤで長く働き続けている理由は?>
やはり職場の雰囲気が良く、今まで職場での人間関係に悩んだことはありません。結婚や出産に関係なく長く働ける環境は、積み重ねてきた経験を活かせるところだと思います。
<これからの目標について>
今は後輩も多くなり、今後は育成する立場としても会社に求められることを自覚しなくてはなりません。後輩にもいち早く成長してもらい、長く働き続けてもらえる職場づくりに貢献したいと思っています。

先輩からの
メッセージ

西塚 大輔

入社10年目 業務スタッフ
西塚 大輔

2012年入社。尼崎営業所勤務。入社後物流センターでの研修を経て、業務スタッフの道へと進む。現在では通常業務のほか、自身の希望により採用活動などの人事部門や広報業務も担当している。

<今の仕事内容は?>
電話対応などの受発注業務をしながら、数多くいる業務スタッフをまとめています。スタッフ全員がいきいきと仕事ができるよう、リーダ的立場で社内全体をフォローする役割です。あとは人事や広報業務も行っています。
<仕事をする上で心がけていることは?>
コミュニケーションをしっかりとること。時間を見つけて営業・業務問わずスタッフ全員としっかり向き合うことで、話やすい職場環境を作るよう心がけています。コミュニケーションは自分にとっての気分転換にもなっています。
<会社の雰囲気は?>
やっぱりスタッフの人間関係がいいですね。ほかの業務スタッフからも同じことをよく聞きます。私より社歴が長いスタッフもリーダー的な立場を尊重して任せてくれるので、お互いが尊重しあえる職場だと思っています。
<アマヤで長く働き続けている理由は?>
入社1年目のときに失敗が重なり自信を失いかけていたのですが、上司から「これから頼られるようになるために、なぜ失敗したかをよく考えて次に生かしてほしい」とエールをもらったことが嬉しくて、今も続けています。
<これからの目標について>
いつかは先頭に立つポジションでもあるので、社内からもっと期待してもらえるよう活躍したいです。人事や広報の立場でなら、働きやすい会社で自分の可能性を試すことができる環境であることをもっと広めていきたいです。

アマヤの
人材育成

アマヤではその人の能力を高めるために、さまざまな研修であなたをサポート。 入社の際に基本知識がなくても問題ありません。 座学や実践的研修を通して、商品知識や電話対応などが身につきます。

入社前研修

入社の1週間前から社会人になるための心構えなどを学ぶ基礎研修を行います。メーカーの工場やショールームなどを見学し、実際に扱う製品や流通経路を学びながら、インテリア業界の現状を肌で感じてもらいます。

総合職研修

物流センターで実際の製品を見て学び、物流スタッフのサポートとして建築現場にも同行。各部署への配属後は、先輩社員から営業の進め方や商品知識を学びます。その後もフォローアップ研修などのサポートも。

営業事務職研修

受発注の対応、見積書などの伝票作成や処理、システム入力を学んでいただきます。基本スキルの修得後は、簡単な受発注作業など実際の業務をスタート。先輩社員のもと、さまざまな業務に対応できるスキルを身につけてもらいます。

募集要項

応募資格
2022年3月卒業見込みの方
仕事内容
①総合職 ②営業事務職
採用予定人数
20名
勤務地
大阪(天王寺本社・堺・門真・東大阪)、兵庫(神戸・尼崎・加古川)、奈良、京都、滋賀、愛知(名古屋・清須)、東京
勤務時間
8:45~17:45
休日休暇
週休2日制(土・日)、祝日、夏期、年末年始休暇、慶弔、有給休暇ほか
給与
総合職232,000円、営業事務職195,000円
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(7・12月)
福利厚生
各種社会保険完備(雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険)、財形貯蓄制度、社員持株会制度、研修センター(福井県)、甲子園年間シート6席
応募方法
説明会に参加後、応募書類(履歴書、卒業予定証明書、エントリーシート)を人事採用係まで郵送してください。または下記ボタンから朝日学情ナビサイトへエントリーして下さい。