信頼こそ挑戦の原点 株式会社アマヤ

NEWS新着情報

リリカラ 壁紙見本帳「will 2017-2020」を5/17に発行

リリカラ(株)は、ホテル、医療・福祉施設、オフィスや店舗、商業施設などすべてのコントラクト物件に向けた不燃ビニル壁紙見本帳「will(ウィル)2017-2020」を、5月17日(水)に発行、収録商品の販売を開始する。

 新「will」のテーマは、「コンセプト性の高い空間づくりを実現する リリカラのデザイン」。例えば、新柄29点が登場した人気シリーズ「kioi」では、「流水に菊(りゅうすいにきく)」をモチーフにした「LW-2504」、竹久夢二の壁紙「Re;foRm」からは角や曲線によって音楽をビジュアル化したリズミカルなデザイン「LW-2513」など、リリカラが培ったデザインのノウハウをもとに、一面張るだけで空間にコンセプト・テーマが生まれるような壁紙から、顧客のコンセプトイメージを的確に表現するための多様な色・テクスチャーの壁紙まで、豊富に取り揃えている。収録点数は893点。

 また同社では、オリジナルコンテンツ298点を収録し、壁紙だけでなく、ガラスフィルムやロールスクリーンなど多様な出力基材(メディア)に対応するインクジェット総合カタログ「デジタル デコ 2017-」、「will(ウィル) 2017-2020」より無地調商品250点を抜粋した「不燃認定壁紙 2017-2020」を同時に発行する。

リリカラのホームページ
<http://www.lilycolor.co.jp/

日本壁装協会 第8回「壁紙の未来を考え行動する会」を4都市で開催

 (一社)日本壁装協会・壁紙の未来を考えて行動する会運営WGは、平成29年度第8回「壁紙の未来を考え行動する会」を、今年度は東京、大阪、福岡、仙台の全国4都市に拡大、また参加対象も同協会会員だけでなく、Re壁プロジェクト会員やインテリア業界関係者まで広げて開催する。
 同会は、(1)安田理事長による講演、(2)Re壁プロジェクトについて(南光雅仁氏/同協会監事・本会運営WG 委員・Re壁プロジェクトWG主査)、(3)ワコアフリースについて(柏瀬功次氏/同協会理事・本会運営WG 委員・不織布研究会WG 主査)という3部構成。参加費は無料。終了後は懇親会も行われる(会費5000円・事前振込が必要)。
 問い合わせは日本壁装協会事務局(電話:03-5408-5501)まで。

■第8回「壁紙の未来を考え行動する会」
東京 5月23日(火) 会場:都市センターホテル
大阪 6月20日(火) 会場:OMMビル
福岡 6月27日(火) 会場:ホテル日航福岡
仙台 7月4日(火) 会場:仙台プラザ

日本壁装協会のホームページ
<https://www.wacoa.jp/

ニチベイ ヨコ型ブラインド「セレーノ・ユニーク」6/1新色発売

(株)ニチベイは、ヨコ型ブラインド「セレーノ・ユニーク」をモデルチェンジ、新色、新カテゴリーを追加し、6月1日(木)に新発売する。

今回のモデルチェンジでは、「ニュートラル」や「グレイッシュ」などインテリアに合わせてセレクトできる7つのカラーテイストを設定し、色の楽しさや選びやすさ、使いやすさにこだわった全210色をラインナップした。

また新カテゴリーとして、高い耐水性と多彩なデザインで水回りに最適な「セレーノオアシス(耐水)」、傾斜窓、変形窓などにも対応する「セレーノフィット」を追加、従来の「セレーノグランツ」、「ユニーク」とあわせて4カテゴリーで展開する。

この他、遮熱スラット、防汚スラットといった機能スラット、スラットカラーを10種類の組み合わせパターンから選べる「カラーアソート」、スラットを自由に組み合わせてオリジナルブラインドがつくれる「カラーアラカルト」、スラットにイラストや文字をデザインした「デザインタイプ」など、バリエーションも豊富となっている。

カラーアソートの施工例
カラーアソートの施工例

ニチベイのホームページ
<http://www.nichi-bei.co.jp/

サンゲツ カーテンに特化した販売会社を設立、5/1に営業開始

(株)サンゲツは、カーテンに特化した販売会社「株式会社サンゲツヴォーヌ」を本年4月5日(水)に設立、5月1日(月)にブランドデビューし営業開始する。

同社では近年、高い専門性が求められるカーテン分野において、営業体制の強化が課題となっていた。今回設立された新会社では、カーテン販売に特化し、専門性を高めることで販売力の拡大を目指す。主にレジデンシャル市場をターゲットとし、一般ユーザーへ提案・販売するインテリアコーディネーターなどに付加価値の高いサービスを提供し営業・提案力を強化する

新会社「株式会社サンゲツヴォーヌ」は、サンゲツ100%出資の子会社で、資本金は1億円。本社所在地はサンゲツ東京支社内。代表者は森田卓社長。
なお社名は、高級ワインの産地であるフランスの地方名「ヴォーヌロマネ」が由来。

■新会社「株式会社サンゲツヴォーヌ」概要
社名:株式会社サンゲツヴォーヌ
所在地:東京都品川区東品川3-20-17((株)サンゲツ東京支社内)
代表者:代表取締役社長 森田卓氏
設立:2017年4月5日(水)
営業開始:2017年5月1日(月) ブランドデビュー
資本金:1億円((株)サンゲツ100%出資の子会社)

サンゲツのホームページ
<https://www.sangetsu.co.jp/

サンゲツ 壁紙見本帳「2017-2019 ファイン1000」5/11発売

(株)サンゲツは、戸建てやマンションなどの住宅をはじめ、各種施設にも選びやすい新壁紙見本帳「2017-2019 ファイン1000」を5月11日(木)に発行する。

新「ファイン」の特徴は、ライフスタイルを楽しく彩る豊富なデザイン性。見本帳では、インテリアスタイリストらとのコラボレーション特集「NATURE REFLECTIONS」を掲載し、暮らしに寄り添う「自然」をイメージした5つのデザインコレクションを紹介、「カジュアルながらも上質で大人っぽい」をコンセプトに、生活者のライフスタイルに合った居心地の良い空間コーディネートを提案する。

また北欧の人気ブランド「Finlayson(フィンレイソン)」、人気キャラクター「SNOOPY(スヌーピー)」などとのコラボレーション商品を収録する他、石材や織物、木材、クラフト紙などの本物の素材を精緻に表現したこだわりのデザインも多数提案する。
さらにスタイリングのポイント解説、部屋全体のイメージ写真掲載、壁紙全点の施工例写真を閲覧できるQRコードの充実など、商品選びのサポート機能も充実させた。この他、YKKAPが発売する壁紙を貼れるドア「famitto」(ファミット)のプロモーションとして施工例写真の掲載も行う。

アンティークやクラフト×クリアガラス 「ATMOSPHERE‐大気の幻想的なグラデーション‐」 FE‐1042・1044・1046 の施工例(全て横使い)
アンティークやクラフト×クリアガラス 「ATMOSPHERE‐大気の幻想的なグラデーション‐」 FE‐1042・1044・1046 の施工例(全て横使い)

植物の気配×素材感のある家具 「FADE‐朽ちゆく植物‐」 FE‐1036 の施工例
植物の気配×素材感のある家具 「FADE‐朽ちゆく植物‐」 FE‐1036 の施工例

切り紙の技法で制作したデザイン 「CAROUSEL DREAM‐回転木馬の夢‐」 FE‐1014 の施工例
切り紙の技法で制作したデザイン 「CAROUSEL DREAM‐回転木馬の夢‐」 FE‐1014 の施工例

やわらかく幻想的な森の風景 フィンレイソン「SAARNI‐アッシュの木‐」 FE‐1307 の施工例
やわらかく幻想的な森の風景 フィンレイソン「SAARNI‐アッシュの木‐」 FE‐1307 の施工例

YKK AP㈱が発売する、壁紙を貼れるドア「famitto」の施工例 壁とコーディネートすることでインテリア性の高い空間を演出
YKK AP㈱が発売する、壁紙を貼れるドア「famitto」の施工例 壁とコーディネートすることでインテリア性の高い空間を演出

サンゲツのホームページ
<https://www.sangetsu.co.jp/

スリーエム 「3M ファサラ ガラスフィルム」新たに33種発売

スリーエム ジャパン(株)は、ガラス装飾用デザインフィルム「3M ファサラ ガラスフィルム」にシャンパンゴールドやパールホワイトなどこれまでにない色味と、木目やファブリックといった繊細なデザインを表現した新製品33点を発売した。

「3M ファサラ ガラスフィルム」は、外壁ガラスやガラスパーティション、ガラス手すりなどに、主に室内側から貼る装飾用のフィルム。光をほどよく遮りながら緩やかに明るさを伝えるとともに、その意匠性で多彩な空間設計を可能にする建材として、多くの商業施設やオフィスで採用されている。特に近年では、光の調節や目隠しという機能面に加えて意匠性を重視する声が多く、ガラスならではの質感を活かしながら、装飾によって空間に新たな表現を実現できるデザインが求められていた。

今回発売する新柄では、これまでの目隠しを目的としたシンプルなデザインだけではなく、木や石など自然素材や生地感を表現したファブリック柄、シャンパンゴールドやパールホワイトなどこれまでにない色味、アルミ蒸着技術を活用したミラーのようなデザインなど、上質な空間づくりができる柄を計33点投入した。これにより総点数は112点となった。

スリーエム ジャパンのホームページ
<http://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/company-jp/

ルノン 壁紙見本帳「ルノン マークII Vol.22」新発売

ルノン(株)は、新築からリフォームまで幅広く網羅する、使いやすい壁紙見本帳「ルノン マークII Vol.22」を、このほど新発売した。

新「マークII」では、スタンダードタイプのほかに、トレンドを加味したパターンデザインとして人気のブロック調、石目調、白レンガ調(ホワイトブリック)、グレイジュカラーの木目調を増点するなど、テクスチャーとカラーのバリエーションを強化した。また施工性を重視し、材質の厚み感があり方向性を感じにくいデザインを多数収録している。また裏面には、柄合わせの必要のない商品は「無地貼り推奨」を大きく明記した。
この他、前作で好評だった「巻頭ロングラン」(2027 年までの10年継続)を今回も継続している。
総アイテムは65点。全点防カビ、全点共同防火認定取得品。

人気の高いグレー系の色調がすっきりとした印象のモダンデザイン
人気の高いグレー系の色調がすっきりとした印象のモダンデザイン

優しくそして飽きのこないライトベージュの色調
優しくそして飽きのこないライトベージュの色調

ルノンのホームページ
<https://ssl.runon.co.jp/

リリカラ タイルカーペット見本帳「ES160/160S」発行

リリカラ(株)は、コストパフォーマンスに優れたPP(ポリプロピレン)タイルカーペット見本帳「ES160/160S」を、1月31日(火)に新発売する。
同製品は、接着剤の不要な自己粘着タイプのPPタイルカーペットで、ペーシック11色、ストライプ4色の計15アイテムをラインナップする。新築のみならずリニューアルなどさまざまな用途に使用できる。

リリカラのホームページ
<http://www.lilycolor.co.jp/

サンゲツ 不燃認定壁紙見本帳「2017-2019 FAITH」2/2発売

(株)サンゲツは、ホテル・旅館、病院、オフィスなど各種施設向けの不燃認定壁紙見本帳「2017-2019 FAITH(フェイス)」を、2月2日(木)に新発売する。総点数は896点。

新フェイスの大きな特徴はデザインとカラー。より上質で個性的な印象を空間に与える「process#100」シリーズの壁紙を5つのテーマに分けて収録(20柄115点)、五感に訴えかけるような素材本来の魅力を表現し、深みのあるデザインがこだわりの空間づくりをサポートする。またカラー面では、ベースカラーからアクセントカラーまで、240種の色で「Color Palette240」を展開する。カーテンや床材、家具と調和のとれたカラーコーディネートにも役立つ。
さらに機能面でも、汚れ防止や抗ウイルスなど各種施設でのニーズに応える機能性壁紙、オフィスや学校で役立つ「掲示板クロス」、「プロジェクター用壁紙」など、施設ならではの用途に応じて使用できる特殊タイプの壁紙もラインアップする。

process#100 LAGUNA MOON【ラグーナ ムーン】 優しく静かに降り注ぐ月光に輝く珊瑚礁の入り江と 穏やかに揺れる水面を表現
process#100 LAGUNA MOON【ラグーナ ムーン】 優しく静かに降り注ぐ月光に輝く珊瑚礁の入り江と 穏やかに揺れる水面を表現

大胆な墨の描写で表現した 白黒の潔いデザイン
大胆な墨の描写で表現した 白黒の潔いデザイン

プロジェクターの映像がきれいに映る
プロジェクターの映像がきれいに映る

サンゲツのホームページ
<http://www.sangetsu.co.jp/

複合商業施設「京橋エドグラン」がオープン

東京メトロ銀座線・京橋駅直結、東京駅からも徒歩5分の好立地に、新しい複合商業施設「京橋エドグラン」が竣工、11月25日、グランドオープンした。
この「京橋エドグラン」は、日本土地建物(株)(代表企業)、東京建物(株)、(株)日建設計、清水建設(株)が、特定業務代行者(事業主:京橋二丁目西地区市街地開発組合)として開発を進めて来たもの。京橋エリア最大級・国内最高クラスのスペックを誇る、高さ約170m、1フロア約820坪の超高層免震オフィスと、多様なオープンスペースを有する低層店舗エリアで構成され、中央区指定有形文化財の歴史的建造物「明治屋京橋ビル」を保存再生。ビジネスや観光の拠点として、京橋エリアの新しいランドマークとなるべく、タウンマネジメントの観点からも、「京橋縁カレッジ」を2017年より開講するなど、街づくりにも取り組んでいく計画であるという。

トミタショールーム
トミタショールーム

POSTALCO
POSTALCO

SENQ京橋
SENQ京橋

 飲食業態のテナントでは、「トシ・ヨロイヅカ東京」の大型旗艦店をはじめ、イタリアンから寿司、蕎麦、エスニック、中華、焼肉等々、バラエティーに富んだ構成となっている。

インテリア関連では、既報の通り、(株)トミタが、創業の地に帰還してショールーム「tomita TOKYO」を開設。同社オリジナルや海外の優れた壁紙、ファブリックスをはじめ、イタリアの伝統的職人技術を駆使した最上級ブランド「PROMEMORIA」の家具と、「C&C」等のファブリックを中心に、トミタが提案する「Premier Highーend Interior〜世界の最上級のインテリア〜」を体感することが出来る空間となっている。

また、こだわりの革小物やステーショナリーなどの専門店「POSTALCO」では、売り物ではないが、オリジナルデザインの家具や照明も見どころ。

このほか、日本土地建物が手がけるオープンイノベーションシェアオフィス「SENQ京橋」も開設されている。大きな吹き抜けを有する、3-4階の2フロアに60席を用意しており、主に新たなフードビジネスを目指す人々を対象に、ワークスタイルや規模に合わせて活用してもらうことを目指しており、シェアキッチンでは、試食会も開催可能である。なお、「Mi Cafeto」によるカフェも併設されており、世界中のコーヒー農園と提携し、栽培、輸送、保管までこだわりぬいたコーヒーを飲むことも出来る。

「京橋エドグラン」公式サイト
<https://www.edogrand.tokyo/
10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

top