信頼こそ挑戦の原点 株式会社アマヤ

NEWS新着情報

タチカワ 「ラルク」「ラインドレープ」の新柄を7/14発売

立川ブラインド工業(株)は、「毎日過ごす場所で毎日を楽しもう!」をコンセプトにした新柄生地を7月14日(月)に新発売、ロールスクリーン「ラルク」とタテ型ブラインド「ラインドレープ」にて展開する。

今回登場する新柄は、リビングの陽だまりに合うようなフラワーやリーフ柄をモチーフに、製品の開閉・昇降の動きに合わせた柄や、外からの光を受けると鳥や花が現れるような柄など、ロールスクリーンの特性であるフラットな面が生きるデザイン生地を多数ラインナップ(18柄22アイテム)、またプレーン生地として椅子の貼り地のような風合いで、ミックス調の色味を含む「エブリ」(50アイテム)、リネン・コルクなど自然素材を表現したベージュ&モノトーンカラー(25色)を展開する。

この他、ロールスクリーン「ラルク」標準タイプ プルコード式のプルにオプションの「コットンプル」、「ウッドプル」を追加する。「コットンプル」は、コロンとした丸みを帯びたコットン素材のプルで、「ウッドプル」は木の質感を生かしたプルとなっている。

なお新柄の発売に合わせて、新販促物「ファブリックシーズンブック-ファン・エブリデイ-」を作成、自然のぬくもりが感じられ、ナチュラルなインテリアに合う心地よい質感やデザインで、窓辺から暮らしを楽しくするファブリックを提案する。
 
タチカワのホームページ
<http://www.blind.co.jp/

トミタ 輸入壁紙コレクションの新作発表会を大阪、福岡で開催

(株)トミタは、輸入壁紙コレクションとして新たに展開する「WORLD SELECTION(ワールド セレクション)vol.1」の新作発表会を、大阪と福岡で開催する。

「ワールド セレクション vol.1」は、boussac(フランス)、ZOFFANY(イギリス)、LARSEN(アメリカ)、BORAS TAPETER(スウェーデン)、eco(スウェーデン)など、ヨーロッパやアメリカの有力5ブランドのコレクションから厳選した61点を収録する輸入壁紙コレクション。発売は7月2日(水)。

大阪、福岡の展示会ではその収録商品を披露する。また東京ショールームでは大型パネルで常設展示する。

■輸入壁紙コレクション「WORLD SELECTION vol.1」新作発表会

大阪 7月2日(水)~3日(木) 会場:ドゥラポ2F

福岡 7月16日(水)~17日(木) 会場:DAIKOスタジオ・コア福岡4F

トミタのホームページ

<http://www.tominet.co.jp/

サンゲツ 「サンゲツコーディネイトアワード2013」表彰式を開催

(株)サンゲツは、6月20日、同社名古屋ショールームにおいて、「サンゲツコーディネイトアワード2013」の表彰式を開催した。

「サンゲツコーディネイトアワード2013」は、既報の通り、サンゲツのカーテン総合見本帳「マイン」及びスタイルブック「ビサイド」の収録商品を使用した窓辺のコーディネイト実例写真を募るデザインアワード。インテリアの実務者、企業の作品を対象とし、初開催となった今回は合計539件の応募作品を、審査委員の町田ひろ子氏、同社の日比祐市会長、さらに、山本美月さん(モデル・女優)が厳正に審査した結果、グランプリは該当なしとなったが、最終候補に残った(有)綜合インテリアサンコーの駒井克年氏(岐阜県岐阜市)による「表情豊か、優しい光」と、(株)アポロガス ほっとリビングの本多知子氏(福島県福島市)による「ひとめぼれ」の2作品を優秀賞として選出したほか、各賞が決定された。

綜合インテリアサンコーの駒井克年氏の作品は、既存のパネルカーテンを利用して、いろいろなスタイルに変化出来るよう工夫。前幕と後幕のリバーシブルになっており、各パーツはマジックテープで留めているので、付け替えや洗濯が容易で、葉っぱ模様のアップリケは、お客と打ち合わせを重ねて仕上げたという。優秀賞を受けた駒井氏は、緊張の面持ちで、受賞について「当社が一丸となって取り組ませて頂いたんだ成果です。これからも精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します」と声をふるわせて感激を表現した。また優秀賞を分け合った本多知子氏は、「中学生の頃からICになりたくてこの仕事に就きました。今回第一線で活躍されている審査員の皆様に、このような賞を頂いたことは本当に自分の自信になりました」。本多氏の作品は、老舗美容院のエステルームで、「施術室と待ち合いスペースを意匠的に仕切りたい」との要望を受け、お客が一目惚れしたEK275をフラットカーテンとし、空間をゆるやかに仕切る提案を行ったものだ。

このほか、サンゲツのテレビCMに出演している山本美月さんが、消費者目線で好みの作品を選ぶ特別賞(山本美月賞)には、オーバルホーム(株)の郷田理恵(埼玉県さいたま市)による「昼と夜の間におしゃれな私」が選ばれ、舞台出演のため欠席した山本さんに代わって、町田ひろ子氏から表彰を受けた。

さらに、+Plus I 賞(3点)では、「+インテリア賞」にセルコホーム富山南・村松建設(株)の福田千亜紀さん(富山県富山市)による「淑やかな旋律を奏でる優美な邸宅」、「+アイデア賞」には(株)ハーモニーの大熊春佳さん(福岡県太宰府市)の「キャンパスに描くのは…」、「+アイデンティティ賞」には、Apache(decorators & art-k)の西垣ヒデキ&シオさん(大阪府高槻市)、後藤浩明さんの「HAPPYCHIC 自宅がパワースポット」が受賞した。

最後に登壇したサンゲツの安田正介社長は、合計539件の質が高い応募が寄せられたことに謝意を表し、アワードを通じて、日本のインテリアの質が高くなっていると実感しているなどと述べるとともに、会社として機関決定した訳ではないとしながらも、今回のアワードのような形になるかどうかはともかく、今後もぜひ日本のインテリア産業・業界・文化がさらに高いものとなっていくような様々な企画を実施していきたい、などと挨拶した。

「SANGETSU COORDINATE AWARDS 2013」専用ページ
<http://www.sangetsu.co.jp/awards2013
サンゲツのホームページ
<http://www.sangetsu.co.jp/

リリカラ 壁紙見本帳「2014 Will(ウィル)」発行

リリカラ(株)は、デザイン性の高い壁紙や、ハイスペックな機能性壁紙を収録した不燃ビニル壁紙見本帳「2014 Will(ウィル)」を6月24日(火)に発行、収録商品の販売を開始する。

「2014 Will」の最大の特徴は、「Japan Beauty ~日本の美しきデザインを世界へ~」をコンセプトに、「kioi」シリーズや富士山をテーマにした新シリーズなど、日本の美を意識した壁紙を多彩に展開している点。「kioi」は、日本の文化「伊勢型紙」をデザインモチーフとした同社オリジナルブランド。江戸の粋をモダンに壁紙に表現する。一方の富士山関連では、「冨嶽三十六景」(葛飾北斎)や風景写真などから富士山の神秘的で雄大な画像・絵画データを、デジタルプリント技術を用いたフリーサイズのオーダー壁紙として展開する。

また機能性壁紙も充実、中でも一般壁紙の約50倍の引っかき強度を有する「スーパー強化+汚れ防止」に多数の新商品をラインナップした。

総アイテム数は910点。

リリカラのホームページ
<http://www.lilycolor.co.jp/

東リ 壁紙見本帳「TOLI WALL VS 2014-2016」7/2発行

東リ(株)は、選びやすくて貼りやすく、仕上りがきれいな汎用タイプの壁紙見本帳「TOLI WALL VS 2014-2016」を、7月2日(水)に発行する。

同見本帳の特徴は、下地の凹凸が現れ難い高発泡で厚みがある商品を多数取り揃えている点。また表面強度試験評価で3級に相当する「表面しっかり壁紙」を25点収録、さらに2020年まで長期継続のロングラン商品を9点収録している。

見本帳としても一工夫、全点で「おすすめコーディネート」付きとなっており、天井と床材(クッションフロア)が簡単にセレクトできる。

総アイテム数は65点(新柄35点)。全点JIS規格適合品、F☆☆☆☆、SV規格適合品。

東リのホームページ

<http://www.toli.co.jp/

ニチベイ ロールスクリーン「ソフィー トレンドコレクション」発売

(株)ニチベイは、デジタルプリント技術を用いて繊細なデザイン表現を行うロールスクリーン「ソフィー トレンドコレクション」を、7月1日(火)に新発売する。

「ソフィー トレンドコレクション」は、これまでの印刷技術ではむずかしかった、なめらかなグラデーションや繊細な色合いを、新採用のデジタルプリント技術で細やかに表現した新シリーズ。キャンパスに描かれた油絵のような細密な筆のかすれ感や色の重なりをイメージした「トアル」、シースルー生地に繊細な色彩表現を施す「ソラナ シースルー」、深いグラデーションや柄の継ぎ目のストライプ柄「ウォーターライト」などなど、デジタルプリント技術ならではの全22柄をラインナップする。

標準タイプ、モードタイプ、小窓・小窓モードタイプ、ダブル・ダブル小窓タイプ、タペストリータイプに対応する。

ニチベイのホームページ
<http://www.nichi-bei.co.jp/

アスワン 「2014年アスワン秋冬展示会・商談会」大阪で開催

アスワン(株)は、さる6月4日(水)・5日(木)の両日、大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)にて、「『キノウ』の一歩先へ-BRAND NEW BUSINESS」をテーマにした「2014アスワン秋冬展示会・商談会」を開催した。

今回のメイン商品となったのが、8月1日発売予定のオーダーカーテン「オーセンスedit.7」である。新「オーセンス」の顔となるのが、「メゾン・ドゥ・ファミーユ」「バラ色の暮し」「ミュルーズ染織美術館コレクション」といった個性豊かな3つのブランドシリーズ。その中でも注目が「メゾン・ドゥ・ファミーユ」で、フランスのセレクトショップ『メゾン・ド・ファミーユ』とのライセンス契約によって、チュールレースやオーガンジーレースなど、こだわりの手法を取り入れた個性的な薄地商品を開発、10柄20アイテム展開する。また「バラ色の暮し」は、ガーデンデザイナーのケイ山田氏が、イングリッシュガーデンをイメージしてデザインした6柄6アイテムをラインナップ、お馴染みの「ミュルーズ染織美術館コレクション」は、アンティーク調プリントをはじめ、刺繍ドレープ、高密度高級織物などより本物志向を強めたコレクションとしてバージョンアップする(39柄64アイテム)。

この他、FKデザイン、ReikoKawakamiのデザイナーコレクション、オパールプリントなどを展開する薄地シリーズ「トランスパラン」、さらに遮熱カーテン、ミラーカーテン、花粉対策カーテンといった機能性カーテンも充実させている。

ニチベイ 調光ロールスクリーン「ha・na・ri」7/1新発売

(株)ニチベイは、レースのスクリーンにブラインドの機能性をプラスした調光ロールスクリーン「ha・na・ri」(ハナリ)を、7月1日(火)に新発売する。

「ha・na・ri」は、フロントレース生地、スラット生地、バックレース生地の3層からなる立体生地構造のロールスクリーン。ブラインドのように調光、眺望のコントロールが可能となっている。商品名の「ha・na・ri」は、上質さや優雅さを意味する京ことば「はんなり」をイメージしたもので、その名の通り、差し込む光を調節することで優雅な空間を演出する。

操作はシンプルなループコード式。チャイルドセーフティーを考慮し、コードクリッパーを搭載する。また施工についてはワンタッチブラケットを採用、簡単になっている。カラーバリエーションは6色。タイプは標準タイプ(カバー付)とカバーレスタイプの2種類。
ニチベイのホームページ
<https://www.nichi-bei.co.jp/

トーソー 装飾性カーテンレール「ルブラン22」他新製品6/30発売

トーソー(株)では、近時のトレンドに対応した装飾性カーテンレール「ルブラン22」をはじめ、機能性を高めたカーテンボックス「グラビエンス」、安全対策を施したカーテンアクセサリーなどの新製品を6月30日(月)に新発売する。

装飾性カーテンレール「ルブラン22」は人気のナチュラルモダンテイストとアンティーク感をミックスしたポール径22mmの装飾性カーテンレール。ハンマートーン(ハンマーで小刻みに叩いてできる小さなくぼみを付ける仕上げ方法)を再現したパーツや長年使い込んだような木質感が、従来の木製カーテンレールでは出せなかったヴィンテージ感を演出する。またブラケットをデザイン化した点も特徴的で、カーテンを掛けた時にもブラケットが見えるように、ポールを上から抱え込む形状としている。ポールカラーは3色(エルムホワイト、エルムライト、エルムダーク)、キャップ・リングランナー・ブラケットのカラーは2色(ラテホワイト、ブラック)。

東リカーテン「elure(エルーア)2014-2017」発売のご案内

東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:永嶋元博)では、この度、東リカーテン「elure(エルーア)2014-2017」を新発売いたします。

『家族の笑顔を彩る』 東リカーテン「elure(エルーア)」シリーズ。

その新作「elure 2014-2017」の商品コンセプトは、

― わが家らしく、私らしく。―

「みんなの笑顔」で癒されるリビング、「普段着の私」が思いきりくつろげるプライベートルーム。

「elure(エルーア)2014-2017」は“家族みんな”にご満足いただける多彩なファブリックスを取り揃えています。

<「elure(エルーア)2014-2017」製品概要>

■商品名 : 「elure 2014-2017」

■発売日 : 平成26年6月16日(月)

■収録点数 : 271柄 500アイテム

ドレープ : 186柄 402アイテム

レース  :  85柄  98アイテム

20 / 22« 先頭...10...1819202122

top