NEWS

リリカラ 壁紙見本帳「Lilycolor MATERIALS 2018-2022」発行

  • 2018/03/30

  • 新着情報
  • 壁材

リリカラ(株)は、「素材にこだわり、美しさと上質を求めて」をコンセプトにした壁紙見本帳「Lilycolor MATERIALS 2018-2022」を、3月29日(木)に発行、収録商品の販売を開始した。

 「Lilycolor MATERIALS」では、織物、和紙、金銀箔といった日本伝統の技術を伝える商品や、独自の製法でつくられたオリジナリティの高い商品など、全国の産地と共に、素材と製法にこだわり抜いてつくり上げた壁紙を収録する。自然素材ならではの温もりや高級感がワンランク上のインテリア空間を実現する。このほか、近年人気のアクセントや張り分けの演出に便利な「リリカラ・ジョイナー」を新たに収録した。
 収録点数は壁紙276点。

リリカラのホームページ
https://www.lilycolor.co.jp/

サンゲツ 新見本帳「HAMPSHIRE GARDENS -EDA-」発売

  • 2018/03/26

  • 新着情報
  • 壁材

(株)サンゲツは、上質なデザインを発信する新ブランド「EDA」(イーディーエー)を発足、その第1弾として同社としてはじめて、ファブリックと壁紙を統一したテーマで商品開発に取り組んだ見本帳「HAMPSHIRE GARDENS(ハンプシャーガーデンズ)-EDA-」を3月8日(木)に発刊した。

 新ブランド「EDA」(English Design Agency)は、Walker Greenbank社のデザインアーカイブを元に誕生したサンゲツのオリジナルブランドである。
 第1弾のコレクションとして発売した「HAMPSHIRE GARDENS」は、ファブリックと壁紙のコーディネーションを前提に、異なる2つのエレメントを同じテーマで商品開発したコレクション。それぞれのデザインアーカイブを共有することで、空間の調和を楽しめるようなトータルインテリアを提案する。
 デザインは、そのコレクション名の通り、イギリス南部にあるHAMPSHIRE(ハンプシャー)州の緑豊かな風景をイメージしたもので、日本のインテリアに合わせやすいデザイン・カラーで展開する。防炎性能基準の条件を満たしたファブリックや、不燃認定を取得できる壁紙も収録、住宅をはじめホテルやコントラクト施設にも対応する。
 アイテム数はファブリック20柄73点、壁紙15柄68点。

サンゲツのホームページ
https://www.sangetsu.co.jp/

田島ルーフィング デニム生地を組み合わせた床材「デニムフロア」発売

  • 2018/03/01

  • 新着情報
  • 新製品情報
  • 床材

田島ルーフィング(株)は、デニム生地と置敷きビニル床タイルを組み合わせた「デニムフロア」を、このほど新発売した。

 「デニムフロア」は、創業以来120余年の歴史を誇る世界有数のデニムサプライヤー、カイハラ(株)の協力のもとに開発した、経年や歩行による色の変化を楽しめる新しいコンセプトの床材。表層はインディゴ染料で染められたデニム生地で、ジーンズをはきこなすように表面の色が徐々に変化していくことを楽しみ、建材の宿命であった「古びる」という概念から床を自由にし、新しい価値を創造する、これまでにないビニル床タイルとなっている。

田島ルーフィングのホームページ
https://www.tajima.jp/