信頼こそ挑戦の原点 株式会社アマヤ

NEWS新着情報

アマヤからの最新情報をお届けします。

2013年住宅リフォーム市場規模は前年比12.4%増の約7兆円

矢野経済研究所は、2013年の住宅リフォーム市場規模について、前年比12.4%増となる6兆9606億円と発表した。分野別には「増改築に関わる費用」が前年比9.0%増、「設備修繕・維持関連費」が同15.7%増、「家具・インテリア」が同4.2%減となった。

また部位別構成比では、大規模リフォームが24.9%ともっとも高かった。大規模リフォームはある程度の資産を持っている層を中心とした市場であり、それゆえ大規模リフォームの動向は株価と相関性が高いといわれる。2013年は消費増税前の駆け込み需要に加え、株価上昇が大規模リフォームの成長要因になったと考えられる。

なお2014年の住宅リフォーム市場規模は、第1四半期の消費税増税の駆け込み需要、第2四半期の反動減に加え、2015年10月に検討されている消費税再増税による駆け込みなどによって、前年比約2%減の約6.8兆円を予測する。さらに2020年の住宅リフォーム市場規模については、「新成長戦略」など政府のさまざまな施策により2010年比約35%増となる8兆円までの拡大を予測する。
<e784a1e9a18c1-2
矢野経済研究所のホームページ
<http://www.yano.co.jp/

top